Hoang Trung Hai副首相や関連省庁宛に319日に送付された書簡では、Trinh Dinh Dung建設大臣は、首相が地方政権に2014年に新都市区や商業住宅プロジェクトに対する新規投資認可書を発行しないよう要求すべきと申し込んだ。

 

建設省は、住宅改善や不動産市場の支援を目的に数多くの対象を30兆ドンの融資支援金融パッケージの融資対象に加えるよう申し込んだ

 

特定ケースの場合、地方政権は建設省との合意をとって、首相に報告し決定してもらう必要がある。

 

建設省はさらに首相に、投資主が土地使用代を滞納し経営をまだ展開していなくて、現在の市価が投資費用を下回る、仕訳により展開継続可能な対象になった住宅開発プロジェクトや新都市区は、現在の市価をもとに納付すべき土地使用代を再度計算でき、土地使用代の滞納により罰金を免状されるよう申し込んだ。

 

特に、30兆ドンの融資支援金融パッケージの支出について、中央銀行との合意を取った建設省は首相に、一部の関連規定の修正への許可を求めた。

 

具体的には、個人客の場合返済期間を10年間から15年間に延長することである。それと共に土地をあわせて契約販売金額が10.5億ドンを超えない商業住宅を購入する人々を融資対象に加え、、面積や単価に対する制限を無くし、さらに建設基本計画に沿った生活用地を所有し、住宅所有が困難である台風や洪水が多発する沿海や中部の地区における世帯を融資対象に加えて、金利4%で住宅の修理や建設のために融資を受けられるようになる。

 

また、建設省は、建設基本計画に沿った生活用地を所有し、住宅所有が困難である都市部の世帯、国家公務員、軍雇用員を融資対象に加え、住宅の修理や建設のために融資を受けられるが融資総額は80%×10.5億ドンを超えないと申し込んだ。2013年1月7日前に締結されたが購入金額をまだ完済しない社会住宅購入用融資契約の場合も、建設省は30兆ドンの融資支援金融パッケージの融資可能な対象になるよう求めた。

 

融資担当企業については、5国営商業銀行の以外に、政府は中央銀行の要求に従って30兆ドンの融資支援金融パッケージの展開可能な対象として幾つかの民営商業銀行を選定する必要がある。

 

建設省はさらに中央銀行に、この融資支援金融パッケージの展開を指定された銀行に適用し、銀行間に異なる個別の手順、融資の手続きが存在することを避けるために統一とした手続き、手順、標準を検討すべきと促した。

 

地方について、建設省は全国の市省人民委員会に、審査・評価期間を短縮し、マンション構造の調整や商業住宅プロジェクトや賃貸事務所から社会住宅やサービス施設への転換に対する需要をもつプロジェクト投資主に実施を許可するよう要求した。

 

それと共に地方予算を拠出し規定による再定住や賃貸社会住宅に対する需要に対応するために商業住宅プロジェクトを買収し、商業住宅プロジェクトから社会住宅へ転換するプロジェクト調整手続き、手順を整備し公開して、地域政権に面積が70平米以下、かつ1平米単価が1500万ドン以下の社会住宅や商業住宅に対する購入・賃貸の需要をもつ対象の生活状況を調査するよう指導した。

 

引用元:VnEconomy